~ひみつ隠れ家2~ 
趣味のプラモ作りがメインとなります。 のんびりやっています。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
水中用ザク~④腕編『おれのコブシが真っ赤に・・・』~
■2009-05-26■

腕です。

このザクの特徴として左右対称な腕、というのがあります。他にも偵察用ザクあたりも同様なのですが、だいたいザクといったら左にスパイク、右にはシールドですよね。ちなみに水中で抵抗を軽減するためなのか肩の形状がスラントしているのも特徴ですね。

今回は握りこぶしをHDMやHGUCから流用するのではなく、キットパーツにパテを盛って削りだしていく方法に挑んでみました。乾燥の速い木工パテを充填させるように詰めて、乾いたらまず鉛筆でおおまかなラインを描き、後はそれに合わせて削りだしていくと。

よくよく考えたら彫塑って中学生くらいのときにやったような。その時とまったく同じ手法でした(笑)。

可動パーツを組み込み、貧相な腕に若干の延長を施してみたのがこれ↓

2009-05-23 002-2


白い部分がプラ板です。手首はけっこうそれっぽくなったかな~。


2009-05-23 003-2


ショルダーアーマーも独立可動、なのだけどイマイチ組み付けが甘いのか取れやすい・・・。


これを本体にくっつけると~。


水中ザク 005-2



ようやく五体満足の姿に戻りました、がなんかバランス悪くてゴリラっぽいですね(笑)。脚にもう一枚プラ板挟んでみます。




スポンサーサイト
HGUCアッガイ『完成編』
■2009-04-01■

本来の締め切りから一日遅れになりましたが完成しました。


HGUCアッガイ-2 007-2



やっぱし脚はこうでなきゃ(そういう年代なんですってば)!
ちなみに『控えめ』とか言ってるのに頭にザクレロばりのトランプみたいなパーソナルマーク貼ってみたり。頭頂部には『NO STEP』を貼りました、分かりますよね?(笑)


HGUCアッガイ-2 034-2



後姿。バックパックも08小隊版の意匠だったのででっぱりを削り落としてつるんと。

HGUCアッガイ-2 029-2


アクションだってHGUCだからけっこう取れます、トーチカ粉砕ポーズもなんとか可能(体育座りは不可)。


HGUCアッガイ-2 020-2



以前組んだ、通称『4時間アッガイ』との比較。完全な素組みなので、並べるとどこがどう違うかきっと分かる・・・・はず(笑)


個人的にはかなり納得、やっぱしアッガイはこうでないと♪

重ね重ねコンペのほうもよろしくです♪コメントもしてくれると喜びます♪







ドカ食いたまご①
■2008-11-24■

たまひこ♪ 001


現在こちらに参加させていただいております。
今年はロープラ!やMG誌のMSVコンなどなど積極的に人前に出すようにしています。どんなカタチであれ、人様の目に晒すというのはそれなりに度胸がいるのですがフィードバックは経験として残るのでやってみて損はないかもです。

といっても締め切りまであと5日、どーするの俺(古)w


しかし、コンペのネタはハセガワ様のたまごひこーきに限定されているのでこれがけっこうどうにかなっちゃうんじゃないかと思うのです。しかも一個だけではなく、写真のようにとりあえずふたつ♪

今回製作するのは写真のセイバーとMIG、どちらも今回の再販ラインには乗ってないので貴重といえば貴重なデッドストックではありますが、今作らないでいつ作る!と思いきって開封します。っていうかそのうち再販されるでしょw


何度か作っているので遡って見ていただければ分かるかと思うのですが、このシリーズとってもシンプル。胴体を速乾性の接着剤で張り合わせて、それが乾燥するまでの間に翼やタンクなんかを切り離してゲート処理して軽くヒケ処理して~、なんてやってるとあっという間に塗装準備おっけーな状態になります。所要時間、実に30分w


なのであっという間にふたつ組みあがったので勢いでもう二つ手をつけることに。

こないだの再販で購入したP40とFw190のふたつ。さすがに集中力が切れてきたのでここまで。


たまひこ♪ 002


このお手軽さがスキなので基本的に大きく手を加えることはしませんが、セイバーとMIGには後部の噴射ノズルを追加し(まさかここを再現してないとは思わなかったw)、フォッケはカウリングの機関砲を削ぎ落として真鍮パイプで作り直しています。それでも全部で3時間かかっていないような・・・w

ここまでが昨日のオハナシで、今日は一気にサフェを吹きました。
こんな感じでコロコロとしています♪

たまひこ♪ 001


かわいいでしょ、シャナ(ってそこかよw)。

明日は機体色の塗装に入ります。

次は大戦機!~タマゴヒコーキ零戦~
■2008-07-04■

ザクFZなど 048



タマゴヒコーキの再販第二段がアマゾンから届きました。

シンプルな構成とデイフォルメされたデザインがスケールモデルとは異なりお気楽に組めてしまうのがこのシリーズ最大の特徴ではないかと。なんとな~く開封してなんとな~く切り離し、ゲートやヒケをそこそこ処理しつつ、流し込みでサクサクと組んでしまえちゃいます。

ちなみに塗装までもっていくのに要した時間は一時間も必要としなかったような・・・。
ちなみに当日中にデカールまで終わらせています、けっこうどうにかなるw

ひと晩置いて軽くスミイレしてツヤ消しを吹いて完成♪


ザクFZなど 045



惜しむらくはちょっと鼻ッ面が長いのでマヌケな印象が残るところですが、これはこれでいーじゃん。

片翼にピトー管が付いていますがこれだって塗装が済んでから思い付いて即興で付けたものだし、こういうフットワークの軽さが良いですね♪


ザクFZなど 046



塗料はMG誌の『至高のゼロ』に使うべく買っておいたガイアの濃緑色と灰緑色を使用してます、ちょっと濃い目?シルバーはホント久し振りにクレオスの8番を使用、シルバーは最近粒子の細かい良いものがたくさん出回っていますが改めて使うといいものです。

次は何にしようかな♪

2機目!~たまごひこーき:F-4ファントムII~
■2008-03-12■
ダッガーで腰が重くなってるときに気分転換・・・ってザクに続き2つめってどうなのよ?なんですがテレビとか見ながらお手軽に組んでみました。

ダッガー 007


イーグルに続いて、ジェット戦闘機のなかではトップクラスに好きなファントムです。前回の再販では買い逃しましたが今回は確実にア○ゾンで。実際店頭に並んでいるのを見るヒマがないほどに足が早い人気機種らしいですね。やっぱしたまごひこーき買う世代にはツボなんでしょうねぇw

これはイーグルとは違いスナップフィットではないのでやっぱり接着剤を使って組み上げて行きます、が部品数が少ないのでサクサクお手軽に。こういう敷居の低いキットはやっぱりストレスがないので楽しいです。

ちなみにアウトラインは弄るつもりもないですが、エアインテイクなどは薄くしてます。ノーズの黒と下面のホワイトはもう済ませているので後は本体色を塗るだけ状態(写真は少々お待ち下さい)♪それにしてもファントムのイメージキャラらしきマスコットは付属するのだからこのパッケージの女の子もつけてくんないかなぁ・・・新規金型で500円増しくらいでw

■2008-05-01■
ほぼ2か月ぶりの更新になります。

塗装自体はずいぶん前に済ませています。混色いっさいなしのクレオスのベタ吹きですが、指示どおりの塗料で思わず感心しちゃうような色味となりました。んでデスティニーの仕上げと同時にツヤ消しも吹こうと置いておいたらいつの間にやらこんなに間が・・・。

F4EJ-023


MG運命 022


ツヤ消しが濃すぎでした、見事に消えちゃってます。キレイではあるけれど質感はないですね。

でも気分転換なのであまり気にしないように、6月には待望のレシプロも再販されるそうなのでこれも今から楽しみにしています♪





copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。