~ひみつ隠れ家2~ 
趣味のプラモ作りがメインとなります。 のんびりやっています。
201703<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201705
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ラジコン?
20070809211909.jpg


■2007-07-25■
20070725044754.jpg


成り行き上、友人から頼まれてラジコンのボディを塗装する事になりました。んで渡されたのがこれ↑

フツウ、ラジコンのボディといえばポリカーボネートという衝撃性に優れた透明な素材なのですが、これはプラモと同様のPS樹脂製でした。この素材は昔なら当たり前だけど、明らかに強度に難アリなので近頃はまったく見ないはず・・・いつのキットなんでしょうねぇ。

ただし、プラモと一緒だからディテールがけっこう細かく入っています。タミヤ製ってのもありますが、これなら作り栄えしそうです。

それにしてもでかいっす、横のHGUCゴッグが運転出来るくらいでかいっすw

とりあえずはサフェを吹いて下地兼表面の確認をします。クルマの場合はなにより滑らかな表面が命っ。

このキットだと、こともあろうにボンネット前部に見事なヒケがありましたので溶きパテを塗って処理しました。

配色ですが『好きにしていい』というありがたいようなそうでもないような注文なので、こういうアメリカントラックにありがちな『黒系の車体色にファイヤーパターン』というコテコテのカラーリングにします。

ちなみにファイヤーパターンのようなグラデーションを駆使したアーティスティックな塗装法は今まで経験ないんですが、そこはそれ『好きにしていい』ですから。練習も兼ねてやってみようかとw

塗装方法はフツウのクルマのようにまず車体色を塗ってあるていど仕上げてからエアブラシで模様を入れていく、実車さながらの手法で行きます。まずは黒から。

使用したのはガイアの『ピュアブラック』という基本色をそのまま。ガンプラと違って車の場合は塗膜を厚くするという前知識があったので、濃い目の配合&高圧で吹いてみたのですが、これがちょっと裏目。

やっぱし粒子が粗いと表面にもいい事なかったです。何層にも分けて、しっかり色を乗せて最後にいつもの濃度で割ったものを吹き付けてなんとかここまで↓

20070725044803.jpg


ある程度乾燥したらティッシュなどで軽く表面を均して表面を整えます。そしたら次は同じくガイアの『クリヤーブラック』という他所にはないクリヤーをその上に吹きます。

最初の黒が粗くなったので、そのフォローという理由もありますが、同系統を塗り重ねる事で同じ黒でも『深み』が出るんですねこれが。ついでにツヤも出るので一層目では起きなかった写りこみが早くも出てます。ドアのあたりに接着剤の瓶が映ってるでしょ?

20070725044811.jpg


とりあえず黒パートはこれで完了。完全に乾いたらコンパウンドで表面を磨きこむ予定ですが、それはまた週末までお預け♪

■2007-07-30■
っていうか週明けになってしまいました。というのもコンパウンドがなくて・・・

ということで、用意するものはコレ↓

tamiya-RC.jpg


モデラーズの仕上げ用コンパウンド(なんと2000番!)と磨き上げ用の布が2種類。コンパウンドはともかく、この布は模型メーカーが出しているのとそっくり同じのがダイソーで入手できます。

あれから念のためもう一回黒を吹いてから磨いてみたら、やっぱし表面の光沢が違います。手間はかかるけど、こういう磨き作業が好きな人にはきっとたまらないんでしょうねぇ。

それから洗剤でコンパウンドを洗い流してもっかいクリヤーブラック行きます。今日はここまで、写真はUP・・・できるかな。

■2007-7-31■

CIMG7585.jpg


そして勢い余って一気にフレアーパターンに突入w

大まかなイメージを一旦フリーハンドで描いてから、前代未聞の40ミリ幅のマスキングテープを使ってカタチを切り出し現物合わせで貼り、まずはベースホワイトを下地に・・・ってやったら濃度間違えたのか、はたまたコンパウンド落としきれてなかったのか塗装面に絶妙なヒビ割れが・・・。

まぁなってしまったモノは仕方ないので、軽く均してからラッカーの白を吹き、そこに黄色を足して吹きつけ濃度を考えながら薄めに吹いて、最後にブラシに残った黄色を半分ほど捨てて赤を足したものを吹いて『まぁこんなもんでしょ』と完了♪

マスキング状態では『薄いかな?』と思ったけど、世の中には隣り合う色との対比でちょっとした錯覚効果を及ぼす『補色残像』という便利な現象があって、まさしくそれに救われた感じですねw

後はもの凄い段差が出来たのでこれをコンパウンドで慣らしてボディ本体のメインイベントは完了・・・かな?

■2007-08-06■
ということで表面の最終段階。

クリヤーにはこともあろうに二種類を使用っ!
まず一層目にガイアカラーの塗料業界の話題をかっさらった『蛍光クリヤー』を吹きます。

これ、黒の上に吹いて初めて気付いたのですが、なんとなーく青味が付きます。未乾燥状態だと蛍光灯の当たる角度次第で怪しい青色になりました。

ちなみにこのクリヤー、あるコトをすると『ちょっといかした特殊エフェクト』が起きるのですが、それは所有者のみの特権♪


ただし、この蛍光クリヤーは紫外線に滅法弱いという欠点があるのでこの上に違うクリヤーをもう一層コートするわけです。そこで登場するのが老舗クレオスの新開発の塗料『Mr.カラーGX』です。

これは従来の塗料と違って頑丈な塗膜、耐紫外線を誇ります。ガイアカラーの登場は塗料業界にもいい影響を与えたのですね。

20070807000925.jpg


塗装は二日~三日に分けてます。昨日は蛍光クリヤーを吹いてコンパウンド~洗浄、今日はクレオスのクリヤーの一層目。

とりあえず本日の作業結果は以下の通りです。隣にコアブースター並べてみましたが映り込みがますますエスカレートしてきたでしょ。

20070807000936.jpg


明日はボディ外装の仕上げ♪

■2007-08-09■
さて、あらかた塗装は済んだので残るは要マスキングの箇所と最終仕上げになります。

塗装の都合上ウインカーやテールライト、窓枠などはボディ本体が終わってからの作業になります。ということでテープで塗らない部分をマスクし、念を入れてその周囲はペーパータオルで覆います。ティッシュでやるとホコリが付くので要注意。

ということでこんなんなりました、なんか実車っぽい↓

20070809210814.jpg


銀色部分にはメッキシルバー、それが乾いたら枠部分をマスクしてクリヤーレッドでレンズ部分を塗装します。実物はよく知らないけど(職場の近くに古びた同型車があるけど通るだけで見ないし)この手のアメ車ってウインカーレンズが赤いのがあるので、そんな風にしてみました。

それが終わったらすべてのマスキングテープを剥がして、磨きの最終兵器を↓

20070809211331.jpg


いよいよ実車ばりの作業です、これでバフでも使った日には間違いなく実車ですw

けっこう高いんですがそれなりの効果がありますね、ということで完成。しかも屋外撮影敢行♪


20070809212006.jpg


まずは斜め前から。でかいので改めて外に出すと存在感あります。

20070809212021.jpg


真横、これまた長い~。

20070809212041.jpg


斜め後ろ、クルマはこの角度が一番いいのですがどうでしょ?

20070809212054.jpg


真正面。

20070809212108.jpg


真後ろ。ちなみにフロントやリヤのパネルを組み付けるのが意外にメンドくさかったですw
このサイズに合う六角なんて持ってないですもんね、フツウwww

ま、なんにせよ初めてだからこんなもんかなぁというのが正直な感想。磨き上げる作業は結構楽しいですが、思った以上の手間ですね(片手間では無理)。後は塗料の濃度調整はガンプラよりもかなりシビアでした。

こうやって新しいことに手を出すのもいいもんです、色々学ぶことがありましたね~。





スポンサーサイト
昔のシビック♪
■2007-04-11■
いただいたプラモデルのほとんどがクルマでした。

思えばクルマのプラモなんて10年以上作っていないので、っていうかそれもお正月に暇つぶしにタミヤエナメルで筆塗りで作った1/32のちっさいやつw

なのでちゃんと作るのは初めてになります、どきどき。

今回作ってみるのはこのキット↓

20070412010550.jpg


メーカーはミツワというところですが、今は存在していないはず。モチーフになったクルマでさえすでに30年近く前のものですから一体いつ買ったキットなんだろう・・・?

黄ばんだ箱を開けてみれば内容はいたってシンプル。ボディとシャーシが一発抜きで、車内のシートやインパネすら1パーツ。モーターで走るそうですがあいにく別売りでした、付けるかどうか考え中ですw

ちなみにスケールは1/20、ってことは横に並べられるフィギュアがたくさん♪ってルナポーンとかシャアとかだしw

軽~くヤスリがけしたらそれで終了かと甘く見ていたんですが、そこはさすが四半世紀昔のキット、バリもパーティングラインもヒケもしっかりありましたw

ついでにディテールも当然ながら甘いのでスジ彫りを彫り直したりして、結局ガンプラ以上の手間をかけるハメになりましたw

当然細かいパネル分割なんか知る由もないので一生懸命検索かけて画像を拾い集めてみたりして、なんか楽しいぞこういうのw

20070412011504.jpg


とりあえずここまで。
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。