~ひみつ隠れ家2~ 
趣味のプラモ作りがメインとなります。 のんびりやっています。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いざ静岡へ・・・おや?
■2010-10-06■

ということでもう一個。

G-91-01


第二次大戦後のイタリアのジェット戦闘機、フィアットG-91、だそうです。だそうです、というのはこんな飛行機知らないからなんですが(スイマセン、スイマセン)、イタリアの飛行機自体そうそう作ることもないし何より見た目可愛いので購入となりました。

簡単な歴史を参照すると、フェラーリやドゥカティを傘下に置く自動車で有名なフィアットが50年代に開発したジェット戦闘機だそうです。ドイツやギリシャでも採用され、本国イタリアではアクロバットチームで有名だったそうな。解説おわり。


キットはコルセアより新しいのかモールドくっきり、パーツの合いもばっちり、ちなみに主翼は左右つながった一枚成型、でもキャノピーのモールドはやっぱり裏側でした(笑)。ヨーロッパ的な緑がかったグレー主体の三色迷彩を筆でぺたぺた塗ってイタリア空軍のデカール貼ってツヤ消しではい完成♪


G-91-02

G-91-03

G-91-04


クチバシみたいなノーズがかわいい、そしてなんとも小ぶりです。先ほどのコルセアと比べるとスズキアルトとハマーくらいに大きさが違います。それになんといってもぽっかり空いたインテイクが顔みたいでいいですね。レシプロとも現用のハイテク機とも違った趣がありますね。

古いフォーマットのキットではありますが、ちゃんと色塗って完成まで持ってくとけっこうカッコいい♪
なんかますます古いキットに心奪われていくなぁ・・・。






スポンサーサイト
いざ静岡へ・・・あれ?
■2010-10-06■

A-7A01


この夏休みは東静岡へガンダムを見てきました。

201-09-26 027-2


9月だというのに35℃とかになっちゃって、熱い一日になりましたがまぁ、それはさておき。

そこに併設されているホビーミュージアム、日本の模型の歴史を目の当たりに出来る貴重な展示物に溢れたそれはもうナイスな場所でして、散々満喫したあとの出口手前にある売店でついうっかりあの頃のキットを購入することに・・・・それが今回のキットです。


まだギムキョーイクでお小遣いも乏しかった頃、手の届いた数少ない、しっかりとした本格的な戦闘機のプラモ、それがタミヤのコンバットプレーンシリーズでした。スケールはさながらマスターグレードな1/100、値段は当時200円とか300円とか・・・。パーツ分割はシンプルこの上ないし、パーツの合いだってビギナーには厳しいよなぁと思うこと多々ありますが、今作るとどうなるか?


というわけでまずはコルセアII、作ってそうで案外作ったことないのを(笑)。

ちなみにコルセアといえばやっぱりネイビーブルーでガルウイングのあっちを連想してしまいますが、IIの名を冠したこれもかなり有名な機体ですね。でも当時は先の尖ったジェット機以外にコドモが興味を抱くはずもなく、ファントムだのトムキャットに心奪われてましたのでこれが初めてになります。

箱を開けると案外大柄なことに驚きます。胴体は左右分割の張り合わせ、尾翼はあらかじめ片側についています。両翼と尾翼は計4パーツでいたってシンプル。ということで本体は目をつぶっててもどうにかなりそうなほどにシンプルですが消えそうに細いモールドは要彫り直し、ですね。

彫り直しといえば、キャノピーの窓枠のモールドが残念なことに『内側』に彫られちゃってるのでここは苦労します。スケールが小さいから細かい作業とするか、どうせ小さくて見えないからある程度でいいよね、とするかは各自決めましょう、ちなみに自分は後者(笑)。


更にシンプルな機体とは裏腹に爆弾の多さと細かさは特筆モノです。むしろギャップに萌えます(笑)。増槽がふたつに左右2つづつのマウントに爆弾が合計18発!ついでにミサイルも2発。小さいうえに多いので真っ先にやっつけておくといいでしょう。

塗装はサフェの後例のごとく筆で米海軍機の二色の塗分けで。軽くスミイレ兼ウォッシングしてからデカールを貼り、ツヤ消し吹いてはい完成♪


A-7A03


A-7A04


A-7A02


ちなみに近づくと


A-7A05


あぁ、そんなオチ・・・・。


ユンカース、カム ヒア!~Ju87 B-2 スツーカ~
■2010-09-20■

Ju87 B-2 05

なんだか無性に複座のレシプロが作りたくなりまして。

ホントは屠龍とかがいいのだけどお手頃価格のキットもなく、結局1000円でおつりがくるようなタミヤのウォーバードのこれにしました。実機はドイツの急降下爆撃機の代表として戦前から終戦まで長く活躍した名機のようです、というか後継機不在のため頑張ったとでもいうべきらしいですね。動力性能が時代遅れになった末期には戦闘機のいいカモだったそうで・・・。

機体のデザインはガルウイングと長いキャノピーが細長い胴体に組み合わさってなんとも愛嬌があるというか。スパッツが付いた収納されない着陸脚がまた古臭くていいのでしょうね、かなり好きな形状です。

製作に関しては特に悩む必要もなく、でした。少ないパーツの合いも良好でストレスなく組みあがります。

塗装は例によって筆塗り、今回は迷彩を選択しなかったので尚更エアブラシの出番はなかったです。いわゆる三色迷彩かこの砂漠色が選べましたがなんかかわいらしいのでこちらに決定、という理由(笑)。


苦労といえば、デカールが恐ろしくぺなぺなしていて相当無駄にしています。イタレリってこうなのだろうか。ついでにキャノピーが曇るという致命的な失敗も重ねてしまいましたがまぁ完成、ってことで。


Ju87 B-2 02


Ju87 B-2 01


Ju87 B-2 04


Ju87 B-2 03


なんというか汚いけど、初期衝動的に作るキットというのはやっぱり楽しい。


観戦しつつ・・・F4F
■2010-07-02■

2010-07-02-F4F 026-2


このキットはアカデミーという韓国のメーカー製です。スケールは1/72、時期はまったく不明で入手先は例のごとくホビー○フ(たしか2~300円くらい)。なんとなくレシプロ機、それも米軍機が作りたいな~と思いつつもあまり大きいのはちょっと・・・古いハセガワみたいなシンプルさでモールドもぬかりなく凹モールドなら尚よし!というものを探していたらちょうどこれだったんですね。

韓国のプラモデルと言えば、初代ガンプラブームの際に工場での生産が間に合わず一時しのぎとして韓国で生産された1/144ガンダムがちょっとしたトラウマになってて以来まったく信用できなかったのですが(といっても、パッケージが変なだけで中身は同じ)、いつの間にやらドラゴンやペッターの台頭と共に良いキットをリリースするようになってました。


ついでに一時期ダイ○ーで売っていた飛行機のプラモデルもアカデミー製だったそうで、これも今なら買ってたよな~、惜しいなぁ(笑)。


2010-07-02-F4F 008-2


んで購入以来なんとなく放置してましたが、コンペ用のキットを発掘してたら出てきましてせっかくなのでやっちゃおうと。しかもワールドカップ見ながらというテキトーっぷり♪

サクサクっと流し込みと瞬着の併用で組み上げていきます。パーツの合いはまったく問題ありません、プロポーション、は分厚い主翼とか河豚みたいな胴体とかこんなもん?て印象です。というかそこまでこだわりがないのです、エンジンだって2パーツになってるしいいじゃんいいじゃん♪・・・ってスミマセン飛行機モデラーの皆さん(笑)。


2010-07-02-F4F 018-2


塗装も、いわゆるネイビーブルーでいかにも米海軍、みたいなのを考えていたのだけどネットで検索したらネイビーブルーの機体は少ないみたいですね。しかも大戦初期にゼロの格好のカモにされてた鈍重な機体みたいだし・・・スミマセン飛行機モデラーの皆さん何も知らなくて。

ということで割とポピュラーなミディアムブルーを更に薄めたものを機体上面に。もちろん筆塗り、面積が少なくてラクだなぁ。手法は前回のスノースピーダーとまったく一緒、下地にサフェ吹いてマホガニー吹いてます。下面は白っぽいグレーで境目はボヤけてるのでそこだけエアブラシ使ってます。


2010-07-02-F4F 021-2


中の人もそれっぽく。キャノピーのマスキングはやっぱり難しい・・・・。そして着陸脚の付き方が面白いですね~、飛行状態だと大抵カバーみたいなのが付いてくるのにこれはないから『???』と思っていたら車輪むきだし。


2010-07-02-F4F 022-2


エナメルで軽くウォッシングしてデカール貼って、ツヤ消し吹いた後に伸ばしランナーで張り線作ってひょいっと完成。ニッポン代表は残念な結果に終わりましたが、最後まで楽しめた非常に良い試合でしたね♪あれ事前にメディアが派手に盛り上げてたら印象はもっと違うものになっていたのだろうなぁ(悪い方向で)、メディアの情報操作の短所が露呈したようにも思えます。よくやったフ○テレビ、放映権を放棄してくれた先見性のなさに乾杯(笑)。


2010-07-02-F4F 012-2


これとファインさんの同スケールのゼロと並べたい♪でもいつになるやら(笑)。











ハヤテのごとくw~完成編~
■2008-12-09■
本体のおおまかな塗装が済んだら、例えば慣れ親しんだガンプラならスミ入れて~デカール貼って~ツヤ消し吹いて~おしまいっ


・・・なのですが飛行機だとそうは行かず、まずは仕上げの都合上塗れなかった箇所をちまちま塗って、大判な日の丸を中心としたデカールを貼って、薄いグレーでチッピング(塗装剥げ)を表現して、それからエナメルのもっと薄いグレーで全体をウォッシングしてから脚なんかを接着してようやくカタチにした後やっと仕上げのツヤ消しクリヤーっす。うは~長い。


んでツヤ消ししちゃまずい箇所、風防などのクリヤーパーツや一部の金属色を付けたり塗ったりした後、ループアンテナを伸ばしランナーで作ってくっつける、というわけでやっとこさ完成なんですよ。


疾風 019-2


・スライドする風防部分は未接着で開閉状態を選び放題w
・機銃とピトー管は真鍮パイプなどに変更。こことアンテナのみが手を加えた箇所になりました。他をどうこうしようと思えるほど知識ナイのでw

全体

疾風 023-2


真正面

疾風 013-2


真横

疾風 012-2


斜め後ろ

疾風 015-2


真後ろ

疾風 014-2




・・・てなトコでしょうか。

そーいやメインのはずのくろがね四起はまだ色塗ってないやw
チッピングのやり過ぎでけっこう見た目しつこくなってしまいましたね、こうして見ると。

これくらいサイズのあるスケールモデルになるとさすがに組み立てにアタマを使う必要があるんだなぁと思ったのが正直な感想です。パーツ自体は1/72と対して差がないのに、奥が深いというか・・・っていうか、最近の1/48なんかもっと凄い内容らしいし、1/32に至っては一体どうなってしまうのやら・・・w


タマゴひこーき、この疾風と飛行機づいてましたがそろそろガンプラに戻ろうかな。





copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。