~ひみつ隠れ家2~ 
趣味のプラモ作りがメインとなります。 のんびりやっています。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新年一発目
■2010-01-12■

MG V GUNDAM Ver.Ka 199-3



遅くなりましたが新年明けましておめでとうございます。
昨年はかなり控えめな更新となりましたが、それでも訪問しカウンターを回してくださった皆様に感謝いたします。

この体たらくの理由は後で記述しますが、とりあえず年末年始を挟んでこのキットを組み上げました。


MG Vガンダム Ver.Ka


実はですね、Ver.Kaの名を冠するキットを組んだのは(というか完成させたのは)これが初めてだったりします(笑)。こう見えて意外なところで流行りや定番を外すことがあります。B’zのアルバム一枚も持ってなかったり(あ、サザンも持ってない)、バック トゥ ザ フューチャーシリーズをひとつも見たことなかったりとか(笑)。

それは置いといて、Vガンダムはあの富野監督の作品ながら可愛そうなくらい不人気な作品で、当然現行フォーマットのキット化の恩恵にも授かれないという特異なガンダムです。しかもデザインは当のカトキ氏本人なのに今の今までVer.Kaの選定からも外され続け・・・・不遇というかなんというか。ちなみにとあるスジからキット化の話を初めて聞いたのが一年以上前でした。その間何やってたんだ(笑)。


そんな疑問はキットを組み始めて理解できるかと思います。ポリキャップほぼ不使用のABSフレームは絶妙のクリアランスで人型から3機の飛行機へと分離変形させます。そのギミックたるや、さながらユニコーンかVer.2.0かはたまたメサイアバルキリーかってくらいです。

要は納得のいくクオリティに持ってくまでに技術の成熟が必要だったということですね、たぶん(笑)。


そんな道程を思いを馳せつつ組んでみました。余計なギミックが組み込まれているとこんだけ小さくても(同スケールのダブルオーの胸くらいしかない)余計に時間がかかります。ついでに仮組みとかするとABSの可動パーツは取り外し厳禁!な状態。補強を入れようにもクリアランスギリギリの設計なので思うようにいきません。

なので塗装前にすでに割れたパーツ数知れず・・・・・・・。
ちなみに塗装は白に灰色9号、黄色はほぼオレンジ、赤も白とピンクを加えたもの、ブルーはコバルトブルーっぽいものにいつもより白を加えたもので、フレームにはコレ↓


2009-12-22 004-2



モデグラの岡プロが使っているというグレーのセット。最初はこんなに薄くて大丈夫なのか?とかなり不安になりますがこれがけっこうしっくり来るという、不思議な調色の按配になってます。


割れたパーツを補修しつつ組んでいきましたが、不安定なまま人型を維持するのもままならないので、ここは思い切って最終手段『人型固定』で完成とさせていただきます。なんだか敗北感があるのは何故(笑)。


MG V GUNDAM Ver.Ka 176-2



MG V GUNDAM Ver.Ka 190-2



MG V GUNDAM Ver.Ka 184-3



さすがVer.Ka、脚が長~い。曲線と直線の組み合わせの妙もよいバランス、これなら手を加える必要もないでしょう。というかこのタイトな設計には手を入れる箇所がほとんどないのではないかと(笑)。デカールにはガンダムデカールも用意しましたが、赤文字がどうしても好きになれないのでPMWのグレーを中心に使いました。


ということで形状的には一切文句のないキットですが、塗装して組み上げる従来のモデラーにとっては非常にクセのあるキットでもある、というのが率直な感想です。というか仮組みを拒むキットってどうなの?もう一回組むかと聞かれれば『う~~~~~~ん』と即答しかねるような・・・・。

外装はサフレス、フレームは簡単フィニッシュで、それくらいのスタンスで楽しむのが一番気楽なのかな~なんて思いました。でもこのキットを待ち望んでいた人の中には従来の模型としての醍醐味を求めてる世代も多いのではないかと
思います。そういう意味ではちょっとだけ残念。逆にお手軽フィニッシュで必要以上の完成度を楽しめる、というスタンスなら間違いなく大成功とも言えます。

当初の謳い文句のようにマスターグレードが『究極のガンプラ』であり、その方向性がこのキットみたいだとするなら当分新規開発のマスターグレードには食指が動かないかもしれません、そんなコトを思いました。

やっぱし手の入れどころのある旧キットやHGUCとかのが個人的には楽しいかも。構造も複雑である必要はないし、ちょっと切ったり盛ったり、自分好みに作れたほうが面白みがあるように思えるんですよ(だったらフルスクラッチせぇや、というのも一理ありますね)。




まぁ、そんな好き勝手なこと言ってる自分ですが昨年手がやたらと遅くなった理由はドラクエだけではなく、ましてやラブプラスでもなく(ちなみにリンコ)、うっかり手に入れてしまったデジイチのせいだったりします。使ってたカシオのコンデジの調子が悪くなり、リコーあたりに替えようかな~なんて予算を組んでたらヘタなGRシリーズよりも安いニコンのD40が・・・・。

ファインダー越しに覗く被写体は、今までのモニターで確認してお手軽に撮影していたときよりもより色んなコトを教えてくれます。形状、色、アングル、露出に明るさ・・・模型という作品を作り、更にそれを写真という作品にする、言ってしまえば二度手間、じゃないや一度で二度おいしい状態。昨年はちょいとそっちばっかにココロを奪われてしまったんですね(レンズはあれこれと結局3本増えた)。


というわけで今年は早速凹んでしまいましたが、昨年がウソのように頑張りたいと思いますのでよろしくお願いします。いろいろ作りたいものもあるし♪







スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。