~ひみつ隠れ家2~ 
趣味のプラモ作りがメインとなります。 のんびりやっています。
200412<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200501
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いざ静岡へ・・・あれ?
■2010-10-06■

A-7A01


この夏休みは東静岡へガンダムを見てきました。

201-09-26 027-2


9月だというのに35℃とかになっちゃって、熱い一日になりましたがまぁ、それはさておき。

そこに併設されているホビーミュージアム、日本の模型の歴史を目の当たりに出来る貴重な展示物に溢れたそれはもうナイスな場所でして、散々満喫したあとの出口手前にある売店でついうっかりあの頃のキットを購入することに・・・・それが今回のキットです。


まだギムキョーイクでお小遣いも乏しかった頃、手の届いた数少ない、しっかりとした本格的な戦闘機のプラモ、それがタミヤのコンバットプレーンシリーズでした。スケールはさながらマスターグレードな1/100、値段は当時200円とか300円とか・・・。パーツ分割はシンプルこの上ないし、パーツの合いだってビギナーには厳しいよなぁと思うこと多々ありますが、今作るとどうなるか?


というわけでまずはコルセアII、作ってそうで案外作ったことないのを(笑)。

ちなみにコルセアといえばやっぱりネイビーブルーでガルウイングのあっちを連想してしまいますが、IIの名を冠したこれもかなり有名な機体ですね。でも当時は先の尖ったジェット機以外にコドモが興味を抱くはずもなく、ファントムだのトムキャットに心奪われてましたのでこれが初めてになります。

箱を開けると案外大柄なことに驚きます。胴体は左右分割の張り合わせ、尾翼はあらかじめ片側についています。両翼と尾翼は計4パーツでいたってシンプル。ということで本体は目をつぶっててもどうにかなりそうなほどにシンプルですが消えそうに細いモールドは要彫り直し、ですね。

彫り直しといえば、キャノピーの窓枠のモールドが残念なことに『内側』に彫られちゃってるのでここは苦労します。スケールが小さいから細かい作業とするか、どうせ小さくて見えないからある程度でいいよね、とするかは各自決めましょう、ちなみに自分は後者(笑)。


更にシンプルな機体とは裏腹に爆弾の多さと細かさは特筆モノです。むしろギャップに萌えます(笑)。増槽がふたつに左右2つづつのマウントに爆弾が合計18発!ついでにミサイルも2発。小さいうえに多いので真っ先にやっつけておくといいでしょう。

塗装はサフェの後例のごとく筆で米海軍機の二色の塗分けで。軽くスミイレ兼ウォッシングしてからデカールを貼り、ツヤ消し吹いてはい完成♪


A-7A03


A-7A04


A-7A02


ちなみに近づくと


A-7A05


あぁ、そんなオチ・・・・。


スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。