~ひみつ隠れ家2~ 
趣味のプラモ作りがメインとなります。 のんびりやっています。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HGガンダムAGE-1
DSC_0033.jpg


ダブルオー、ユニコーンと時間軸も何もかも気にせずに続くガンダムの世界にまたしても新顔が。

それがイナズマイレブン、ダンボール戦記と少年向け作品のヒット作を連発しているレベル5が携わるというのだから古いガンダムファンはさぞや失望したことでしょう(笑)。

子供時代に帰るより還暦に向かうほうがもはや近い自分みたいなオッサンからしたらどうか?と問われれば返事は断然『YES!』だったりするんですね、実は。

ていうか今失望している世代と同年代だった頃にGやWやXで同じような思いを味わっているし、ターンAで開いた口が塞がらなくなり、SEEDでなんとも言えなくなってダブルオーとユニコーンでこれはこれでアリなんじゃないか?と思えるようになったので様々な方面からかかる重圧に負けずに生み出される新しいガンダムは楽しみだったりします。

このガンダム、一年の放送期間のうちに100年の時間が流れて主人公が孫の代まで繋がっていく予定らしく登場するガンダムもゼータ、ダブルゼータみたいに進化していくそうな。まぁいろいろと意欲作なんですね。


DSC_0013.jpg

さて、カテゴリーとしては無印のHGなんですが相当するものがないし作るのもアレなんでHGUCカテゴリーに掲載しています。見てのとおりシンプルな外観なのでUCでもいいよね(笑)。ダブルオーに入れたらOガンダムと間違えそうなくらい。細いウエストに小さなマスクはイマドキのガンダムそのもの。

第一話はお約束の武装ナシ状態で出撃です。実戦テスト目前で起動を余儀なくされ、予想以上の性能を発揮して急襲してきた敵を撃退するっていう定番のアレですね(そういやユニコーンもそうだった)。

至るところにガンダムの記号がこれでもかと言わんばかりに散りばめられています。

目新しい箇所といえば胸の中央の発光しそうな部分と左肩から覗く小さな翼。

DSC_0039.jpg

シールドとビームライフルならぬドッズライフルを持った状態。ちなみにAGEシステムという即席武器製造機と連携していて、戦闘中に敵を解析して作り出された武器です。ジオンも驚愕するまさかのビックリドッキリメカ(笑)。

DSC_0043.jpg

後姿からだと特徴的な翼が判り易いと思います。本当は青一色なんだけどつまらないので塗り分けてみました。でもこれで飛ぶとかどうなんだろ、それとも何かの布石なのか(GP-01みたいな)?


DSC_0050.jpg

塗装は本来シンプルなトリコロールなのだけどひねくれて白をグレーの塗り分けに、赤青黄色は見事に彩度、というかサチュレーションを跳ね上げたみたいな色に変更しています。

デカールは片っ端から使えそうなものを流用、困ったことに作中ではガンダムの形式番号どころか地球連邦軍のマークすら出てきていないので見事にコーションマークだけのシンプルさ。試作機だからいいか。

あ、キットとしての感想は新しいフォーマットのポリキャップを使用してる割にはクラシックな配置になっていて好感が持てました。あの肩のポリキャップがどうにも苦手なんですね。

それと必要ないと判断されたのか手首が武器保持用の四角い穴が開いた例の手首しか付属していなかったので、ずっと以前にアソビットのワゴンセールに並んでいたHGストライクフリーダム用のHDMを流用しています(300円でした、ちなみに定価2千円)。しかし流石はHDM,造形が半端ないぜ。


まずは好感触を得られたキットでした。このままで1/100が出るといいのになぁ(メガは要らない・・・)。




オマケ:撮影にはニコンのD80と50/f1.4を使用しています(アップだけ60マクロ)。
最近念願のD300Sも手に入れたのだけど模型にはこれで十分以上♪








スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。